Pearl Story

真珠の色や輝きは様々

真珠は貝類の殻の中にでき、真珠の種類は、貝の違いで変わってきます。
貝殻の内側の色や輝きによって、真珠の色や輝きは様々です。
代表的なパールをご紹介します。

あこや真珠

日本近海に生息する「あこや貝」から採れる真珠です。一番ポピュラーな真珠として親しまれています。形は丸型が多く、大きさは一般的には6〜8mmです。9mmを超えると希少で高額になります。

南洋真珠(白蝶)

真珠貝の中でも最大級の「白蝶貝」から採れる真珠です。主に直径10mmを超える大粒真珠なので、雰囲気も華やかで豪華!中でも黄褐色に輝くゴールデンパールは必見です。オーストラリア・インドネシア・ミャンマーなど熱帯の海が原産国です。

黒蝶真珠

タヒチ近海、石垣島などで採れる「黒蝶貝」雫の様なドロップ形・独特なバロック形・渋い輝きのシルバー系・クールな印象の黒色。「色・大きさ・形」も多種多彩。特に孔雀の羽の様なピーコックグリーンは神秘的な輝きと、希少性が高いことから、最高級品といえます。

淡水真珠

中国の湖や川で養殖される真珠です。無核で全て真珠層できているので、形も大きさも様々!カラーも豊富で、低価格なのも人気のポイント!上品で美しい輝きと、カラーで独自の魅力を持っている真珠です。近年は有核もあります。

バロック

バロックパールとは丸くない変形した形の真珠のことを言います。ポルトガル語でバロックは「歪んだ」を意味し、それからバロックパールとよばれるようになりました。バロックは海外で人気が高く、唯一無二の輝きで個性的なパールです。

ケシ

ケシとは核のない無核真珠を総称して言います。バロックとは異なり、大きさも各々に異なります。最小のケシを砂ゲシと呼んでいます。

マベパール

熱帯・亜熱帯で生息する「マベ貝」から採れる真珠で、奄美大島のマベ貝は世界有数の美しさを誇っています。大きさは12~20mmで、ボリューム感に富み淡いピンクから濃厚な虹色、 メタリックゴールド等、豊富なバリエーションが楽しめます。皇室の方々もご愛用されている真珠です。